バナー
TOP > iPhoneのデータをバックアップする

iPhoneのデータをバックアップする

iPhoneのストレージへ保管される情報は予めバックアップの準備を行っておくと管理が楽になり、突然のトラブル発生時においてデータが消失するリスクを下げられます。
一般的なバックアップ方法はクラウドサービスを用いる手法とPCの記憶領域へコピーを生成する方法に分類され、利用者自身がどちらか片方を選択することになります。



クラウドサービスを用いるバックアップ技術はWifi接続が可能な環境であれば手軽に情報を保護できる点で優れており、iPhoneが一定の条件を満たしている場合は自動的にバックアップを生成可能という特徴があります。



しかし、クラウド上に保管可能な情報量は限界が生じる理由から、iPhoneに入っている全てのデータを保護することは難しく、どの情報を優先的にコピーしておくか設定するのを忘れないよう注意が必要です。
一方でPCの記憶領域へバックアップを取る際はUSBケーブルを用いてiPhoneとPCを接続し、ソフトウェアを経由して暗号化バックアップを行う手法とされます。



PCへ情報のコピーを作る最も大きな利点としては、クラウドサービスよりも遥かに大きい容量かつ多種類の情報を保管できる点があげられ、PC側が故障しない限り損失のリスクは低く、復元する場合における端末環境の復旧速度に優れます。

また、ケーブルを接続するだけで任意のタイミングのバックアップを生成できるため、同期させながら情報を管理する状況下でも有用な選択肢となります。